戸建てリフォームで注意するべき点とは

戸建てリフォームはマンションと違って、自分の持ち物になりますので、自由にリフォームする事が可能です。
しかし、それでもリフォームできる所とできない所がありますので、それを知っておく事が大事になります。

リフォームする時に希望される事が多いのが、キッチンの変更です。
キッチンを広くしたい希望があっても、いくら戸建てでも大きなスペースがないといけません。

その他に難しい事は、鉄筋構造の建物の場合は、吹き抜けを作る事は難しいです。
オール電化やエコキュートを導入したい場合も容易ではありますが、古い住宅でしたら電源を変更する必要があるかもしれません。
和室を洋室に変えたり、その逆も可能になりますが、間取り自体の変更の場合で住宅の構造を無視した作りはできません。
例えば、鉄筋構造の家の場合、木造住宅でも建物を支えている柱を撤去して、壁を無くして部屋を繋げるといった事です。

地下室を作ったり、3階建てにしたりする事も可能ですが、建築基準法で定められた条件をパスする必要があります。
戸建ての家を広くするためにも容積率の問題もありますので、物理的な問題だけではなく、法律も関係している事を忘れてはいけません。

基本的に費用さえ掛ければ、無理をする事ができますが、なるべく無理な注文をしない方が安く済ませられます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ