リフォームの際に工事費以外で必要な諸経費について

リフォームをする時に工事費以外の諸経費ですが、意外と結構掛かってしまいます。

この諸経費も事前に見積もりを取って貰う時に、内訳として上がってきますが、リフォームのための工事費以外の諸経費は、一体何に使われているのでしょうか。

リフォームに関しての諸経費とは、ほとんど事務所の維持費として使われる事が多いです。

事務所の維持費の内訳としては、水道光熱費、通信費、事務所の給与等で、その他にも営業の人の車両代や交通費になります。

リフォーム会社によっては、現場管理費や申請手数料や書類の作成費も諸経費に入る場合やキッチリと見積もりに入れる場合があります。

この諸経費ですけど、工事費が高いほど安く、安いほど高いと言われています。

行なっている作業は同じはずなのに何故、一律にならないのかという疑問が生じるはずです。

リフォーム会社が利益を出すために、高く設定していると言われていまして、悪質な業者なら多額の費用を設定している場合もあるのです。

ですから、見積もりの段階できっちりと指摘しておく事が大事になってくるのです。

キッチリとした業者は、この諸経費も不明瞭にはせずに、質問したら答えてくれますので、疑問に思った事は質問しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ