リフォーム後に引き渡し時のチェックポイントとは

リフォーム後引き渡し前には完成検査で依頼どおりの仕上がりをチェックすることが大切です。
竣工検査ともいうこの検査、要約すると依頼どおりの仕上がりにできているかリフォーム業者の担当者も交えてチェックしていく作業のことです。
仲には一人では気づかないことも多く、使い勝手が大切なキッチンやお風呂場などは使用する頻度の高い人がチェックすることをお勧めします。
また複数人でチェックすることにより見押しても防ぐことができます。
万が一、仕様書や図面と異なるリフォームがなされている場合は代金の清算前に指摘することが大切です。
少しでも間取り変更などで説明どおりのリフォームができていないなどのときにはいち早く指摘し、どのような段取りで修正されるのかも話し合ったほうがよいです。
完成検査が終わるといよいよ引き渡しです。
完成検査で不具合があって修理してもらった場合、ちゃんと修理してもらえたかどうかも確認しましょう。
問題がなければ工事完了の確認書などに押印して完了です。
押印、もしくは署名後に不具合を見つけても無料で直してくれることはありません。
ただしキッチンやトイレなど機能性の設備の場合、保証期間が設定されていることが多く、保証期間内の場合無料で修理してもらうことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ