リフォームで見積もりを頼む際のポイント!

リフォームをする際に、金額的に得しようと考えた場合最も重要となってくるのが見積もりの取り方です。リフォームには定価などがなく、工事費用や提示される金額も業者によってかなり変わってきます。素人にとってこれらの相場を知ることはとても難しいものです。このため、リフォーム業者の真意を見抜く必要があり、依頼方法を間違えたりすると手抜き工事すら助長してしまう可能性があります。
そもそも相見積りとは工事内容や工事費用を比較検討するために複数業者から見積書をもらうことをいいます。リフォームに定価は無論決まっていませんし、相場すら曖昧な業界なので、提示されるリフォーム金額が適正であるかどうかの判断はとても難しいものです。
これを複数の業者から見積もりを提示してもらうことで、その場で契約迫るような悪徳業者を排除できるうえに、複数の業者から提示される施行に対する意見や工事金額をチェックできるので、結果的に一番お得な業者を選択することができます。
見積もりを頼む業者は3社程度におさえたほうがいいでしょう。業者の数を増やしすぎるよりは、少なく抑えてしっかりと質の高い打ち合わせをするのがいいのです。また、当たり前ですが見積もりの条件が業者ごとにバラバラだったり、他業者の見積書を見積もりしている業者に見せるのはタブーです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ