リフォーム価格と優遇税制・補助金について

住宅のリフォームをする場合に最も気になることの一つはリフォームの料金です。

リフォームは内容によるものの、基本的には多額の出費を伴います。

そのため「出費を少なく抑えたい」というのは誰もが考えるところです。

リフォームの出費を抑えるための良い方法の一つは、優遇税制や補助金を活用することです。

優遇税制と補助金の制度には、国が創設しているものと、地方自治体が独自で創設しているものがあります。

例えば、国が主導して創設している制度には、所定の条件を満たす耐震補強や省エネ化、バリアフリー化のためのリフォームに対しては、一定の工事費用までであれば所得税の税額控除や固定資産税の減額措置を受けることができる制度や、太陽光発電システムやエネルギー管理システムを導入する場合に補助金が支給される制度などがあります。

また、地方自治体では、国の制度と類似した制度が設けられているほか、地元産の建材を使用してリフォームを行った場合に使用量に応じて補助金が支給される制度や、空き家の住宅の入居後に改修する場合に改修費用の一部が補助される制度などがあります。

優遇税制や補助金の制度の多くは、国や地方自治体のホームページに内容が掲載されています。もし、内容を読む中で分からないことが出た場合は、国や自治体の担当部署へ問い合わせて相談すると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ