内装リフォームをする場合に調べておきたい事!塗り壁の特徴

住宅の内装リフォームを行う場面がありますが、一般的に広く利用されている内容としては、クロスの張り替えになります。一般的なクロスの場合では、経年劣化によって変色や汚れなどが付いてしまうことが多く、傷や破れなどによっても張り替えが必要になる場面があります。

現在ではリフォームを行う際にクロスではなく、塗り壁に施工する方法も人気があります。塗り壁は漆喰や珪藻土などを利用することが一般的になり、特徴としては室内で使用する材料の殆どは天然素材で作られていることが一般的になり、有害物質を一切排出しないことがメリットになります。

リフォームの施行方法も数々のタイプが用意されていて、和風仕立てに施工する方法洋風に仕上げることも可能になり、通常ではコテの使い方によってデザインを設定することができます。クロスと異なって、比較的長期間にわたって利用することができるものとして知られているものになり、中には余計な湿気などを吸収する効果を持っているものも用意されています。

長い期間を利用すると汚れなどが目立ってしまうことがありますが、その対応策としては、室内用の水性塗料などを利用して、上塗りを行うことによって風合いをそのままで綺麗な状態にリフォームすることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ