内装リフォームをする場合に調べておきたい事!壁材の種類

現在の家作りにおける壁材は、ビニールクロスが一般的です。ここではリフォームを計画する場合、知っておきたい内装材の種類について触れたいと考えます。

内装の壁材として現在流通しており、比較的お手頃価格で入手可能な種類は、「ビニールクロス」、「スギ、ヒノキ等板材」、「タイル」、「塗り壁、漆喰」等となり、様々な質感を楽しむことが可能です。

新築時には不慣れな環境や、予算的理由で実現できなかった、希望を叶える絶好の機会と捉え、リフォームを計画するのもよいでしょう。

そこで、具体的にリフォームを計画する場合、調べておきたい事項は、最初に行うのは現状の居住環境における不具合を出来る限り細かく思い起こし、メモ等にまとめることです。

その目的は、不具合部分を抽出し、それらを解決することで不具合部分の解消を行い、同時に模様替えの楽しさを味わうことができるからです。

例えば、加湿器を多用する場合、湿気を吸収し難いビニール系やタイル系素材は避けたいとの考えです。このような場合お勧めしたいのは、湿気を吸収する壁材である、スギやヒノキの板壁、または漆喰等の塗り壁を選択することが望まれります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ